兼業主夫にジョブチェンジ 最後

娘との関係が父親というよりも母親に近い状態になり、家事に関しても一通りこなせるようになったのは、皮肉にも家族の病気でした。

拙者の家事スキルですが、結婚前はホントーーーーーーーに何も出来ないし、そんなことやろうなんて微塵も思わなかったんです。結婚してすぐの頃は共働きだったから少し手伝う程度。

今は、絶対に手を出してほしくないのは風呂掃除及び水回り清掃、食器等の洗い物、ゴミ出し、娘との風呂と寝かしつけ等々。

あと魚料理、特にアジやイカなど丸々買ってきたものを捌くのが拙者の仕事というか、楽しみの一つ。

その他、土日の買い出しは基本拙者、平日に足らないものを買いに行くのが妻。休みの日は気が付けば掃除機をかけるけど、平日は妻がやってくれていることをなるべく拙者が担当。

妻との共同作業は、朝食の用意、たまに作らなくてはいけない娘のお弁当、家に帰ってから夕食を作ること、互いに愚痴り合うこと(笑)。

なんか、兼業主夫っていう割に書き出してみると大したことないなぁと思う。今では妻もほぼ正常に戻り、洗濯もトイレ掃除も掃除もしてくれているけど、トイレ掃除は妻にやらせることじゃないなと感じるので、今後は拙者がやるべきことに加えたいと思っております。

最初のうちは働きながら主夫業をやることが苦痛でして、疲れてるのに慣れないことをやる労力は仕事より大変。でも慣れてくると手を出してほしくない不思議。

そうやって拙者はめでたく兼業主夫になれたのでした。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする