分解、そして洗浄

我が自転車、組み上げてからの1年半、たまにチェーンオイルを注す程度のメンテしかしておらず、シルバーだったスプロケットとチェーンが真っ黒になり、リヤディレイラーのプーリーに至っては、

「こんな形だったっけ?」

というぐらいに油が固着していました。それに漕ぎ出しも重いし、こりゃ分解清掃しますか~となりまして。

清掃に使用したものは、

 灯油(500ml程度で十分)

 ブラシとトレイ

 オイル(今回は左のドライオイル使用)

  工具一式

こんなもんです。(ボロキレも使いましたけど画像は載せません。)

本当は使用前使用後を写せば良かったのですが、

あまりにも汚くタールのようになっており、お見せできるものではありませんでした。

(実は簡単に汚れなんて落ちるだろうと思っており、

ペットボトルにチェーンと灯油を入れフリフリしたのですが、

そんな容易に汚れが落ちるわけもなくブラシでゴシゴシしました・・・)

というわけで、清掃後。

 

買ったばかりの美しさ・・・とまではいかないまでも綺麗になりました。「いや~終わった終わった!」と思ったんですけどね。詰めが甘いというか、素人感丸出しというか、リアのVブレーキをリリースしたままでした。(反省)

アイキャッチ画像は拙者の自転車で、今回洗浄したのも同じ自転車です。ロードっぽいような気もしますが、シクロクロス・・・というか元はクロスバイクです。どうしてもキャリパーブレーキに出来ず、Vブレーキのまま乗っております。

組み上げ奮闘記はまた後日。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする