禁煙はするべきか?

禁煙して9年が経過しようとしているところですが、本当に良かったと強く言えます。

いい意味での効果は、

1 喘息が出なくなり運動をしても息が切れることが無くなった

2 肌がボロボロだったのに治った

3 喫煙所を探さなくて済むし、飛行機等の長時間の移動も苦にならなくなった

4 無駄な出費をしなくて済む

他にもありそうですけど、簡単に思いつくだけでもこれだけあります。

追加で、

5 臭いで相手に不快な思いをさせない

こんなこともありますね。

しかしながら、タバコを吸わなくなると喫煙所の会話が無くなるので、くだらないものから少しは使える情報まで入ってこなくなるのがマイナスですかね。あとは「タバコを吸いに行く」という、なんだか曖昧な休憩時間を喫煙者が取ること。非喫煙者にはそんな休みが無いんですから、「喫煙ぐらい許してよ。」と思っていたのは良くなかったなと反省しております。

そして最近手に入りにくいというiQOSとかいう加熱式タバコ。

この商品の謳い文句は、

「有害物質であるタールを90%以上カット!」

で?なんなんだよ?言いたいことはそれだけか?

止めた人間からするとこの文言は、

「体に悪い成分を抑えてニコチン摂取できまっせ!」

と言う風にしか聞こえません。アルコール中毒は世間から叩かれるのに、ニコチン中毒患者は叩かれない。確かにアル中はニコチン中毒患者に比べると悪質なのは間違いありませんが、なんでしょう、このクリーンにニコチン摂れるという表現にモヤモヤするのは。

それに禁煙外来というのも納得できないですよね。勝手にニコチン中毒になっておきながら保険適用で禁煙って。禁煙なんて水を多く飲み、ガムを噛んで、あとは気合で止められます。あと辛い物を食べると落ち着きますよ。

ロングピースを1日に1箱半吸ってた拙者が言うのですから間違いありません。タバコが止められない、それは単なる甘えです。

だって、産まれてくる時にタバコ咥えてないでしょ?

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする