クラブ活動

娘がこれから部活をどうするか、という問題の前に拙者が部活についてどういう考えを持っているか、こちらを先に書かせていただきたい。

中学時代は吹奏楽部に入っていたんですが良かった記憶など一つもない。女性という生き物と部活が嫌いになるキッカケになりました。

拙者も安易でした。ピアノを3歳から習っていたこともあり、楽譜が読めるし喘息で運動部は無理だったので何も考えず吹奏楽部に入部してしまいました。

その入部した吹奏楽部は、

・先輩の態度が良かったのは最初だけ、入部したら掌返し。

・女子30人以上に対し男は3人。

・女子は部室で練習できるが男は廊下で練習。

・遠征するときは男だからと重い楽器を運ばされる。

・男が少ないから志望してないチューバやれ、と押し付けられる。

・残りの男も女々しい奴等で女子寄り。

拙者の性格も問題なのは重々承知しておりますが、3年1学期途中で帰宅部に入部(?)しました。そこからは自由を求め、高校時代は「まだ考え中」と言い続け3年間帰宅部、専門学校時代はバイクとバイトに明け暮れ、大学は通信だったのでサークルなんて存在があったのかも知りません。

そんなフリーダムな生き方をしてきてしまったので、部活なんて真面目にやらなくて結構!という思考です。

某高校の前を通勤で通りますけど、「○○部 都大会ベスト4」とか「××部 全国大会出場」なんて横断幕が、拙者にとってそれはそれは気持ち悪い。部活なんて、ちょっと放課後に体を動かしたり楽器が演奏できるようになったり、そんな程度のものでいいと思うわけで、ガチでやらないといけないんですかね?

それに、一度入部したらなかなか辞めさせてくれないというPTA並みのヤクザ社会なんですよ。ちなみに拙者が吹奏楽部を辞めるときは顧問が書いた謝罪文を部員全員の前で読まされました。そう、拙者が書いたものではなく、顧問が書いたものです。今思えばあれは顧問によるイジメ&見せしめでしたねぇ。

だから、娘には一生懸命にならず幽霊部員でもOKそうな部を選んでいただきたい、と常々言い聞かせてるんですけど、この気持ち分かってくれるだろうか。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする