担当教科

娘の自宅学習。

拙者は算数、理科がメイン、妻は国語と社会が担当教科となっているのですが、最近の小学生、外国語なるものまで教わってくるようで、英語が苦手な妻と拙者はどうするか、というのが今の課題です。

やはり英語に関しては教え方もそうですが、発音の上手い人に教わらないと綺麗な英語が話せなくなるんでしょうから、ゆくゆくは英語を習わせないといけないのか、と思ったり。

ですが、実は妻が英語教室の体験入学に連れて行ったことがあり、

リーナ「あのテンション、気持ち悪いしついていけない。」

なんて言ってました。

丁度時期がハロウィンということもあり仮装していたみたいで、ウザさ倍増だったんでしょう。

うんうん、分かるよ。ディズニー映画とかもそうだけど、外国人の表情とか仕草、テンションってキモイよね。

でも、それとこれとは別問題。将来必要か必要じゃないかではなく、高校やその上の学校に行くためには仕方がない。そんなこと言ったら、歴史なんて今更知っても意味無いし、古文なんて読めたところで実生活で使う場面ゼロですよ。むしろ歴史や古文なんかより英語の方が使えるのは事実・・・だと思う。

拙者が英語話せたら、そりゃ~もう、外国人とコミュニケーション取りまくり!・・・なわけないです。日本人とすらもそれほど話をしたくないのに、英語話せたからって外国人と話したいと思いませんよ。

更に、プログラミングなんて斜め上の学習もさせられるわけで、英語が分かってる方がプログラミングし易いなんて言いますしね。やらないといけないんだからやむを得ない。娘の将来のためにも、英語が教えられない父では恥ずかしいから、少しずつ勉強しないといけないですね。

とりあえず、今日はゆっくり酒飲みながらゼルダやって、明日以降、このことは考えよう。(ダメ人間の典型)

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする