白衣の女医さん

昨日のこと。

娘の鼻水と咳が止まらなくなり急遽病院に行ってきました。

朝起きてネットで予約、取れた時間は10時20分。どうしても朝一で処理しないといけない仕事があったので一旦職場へ。8時10分から30分ほどで仕事を片付け午前休の申請を出して家に戻ったのが9時20分頃でしたでしょうか。

電話一本で休むことも可能でしたけど、やることはやっておかないと迷惑がかかるので30分程度の仕事のために往復1時間自転車を漕ぎましたわ。

妻「え?どうして帰ってきたの?」

拙者「病院連れて行くから。駐車場混んでるかもしれないから路駐の可能性を考えて二人いた方がいいしマルサも調子悪そうだから病院内に行かない方がいいと思って。」

妻「そっか、ありがと。」

そんな会話だったのですが拙者の本心は、お風呂に入れること及び寝かしつけの半分を妻が担当することになり、拙者と娘の関係が希薄になっていくことが怖かった、そんなところです。他人に対しては自ら嫌われようと思ってませんがどう思われようと結構、しかし娘にだけは好かれていたい、拙者も人間なんです。

娘も「お父さん帰ってきてくれた~♡」

という反応でしたから本当に妻に任せなくて良かったと実感。

娘が風邪をひかなくなって2年ぶりの小児科。女医さんなのですが優しくて穏やかで綺麗な方で。看護師さんも明るく元気でしてね。パニック障害で妻が動けない時からお世話になっていたので、

「奥さんがいない、父子家庭なの?」

と病院内では思われていたそうな。そうこうしているうちに妻の症状も落ち着き病院に連れて行くと、

「奥さんいたの?それとも兄妹?後妻さん?」

と思ったのも束の間、娘が「お母さん」と呼んでいるのを見て察したそうな。まぁ最初の反応としてはそうなります。たまにお父さんが連れてくるっていう方はいるみたいですけど、我が家のように妻がいるのにお父さんしか来ないというのは稀なようで。そんなことも話したりできる気楽な関係ですし、娘が先生たちに心を開いているのでお世話になっています。

拙者にはかかりつけ医がありませんが、やはり子供にはいきつけの病院があると心強いですね。そしていつか、女医さんのマスクを取ったお顔を拝見できたらと常々思っているわけです。

妻曰く

「マスクしてない先生、綺麗な人だったよ~。」

ですって。拙者の方が連れて行ってる回数は多いはずなのに素顔を一度も見たことがありません。いつか、いつの日にかマスクを取ったお姿を見ることはできるのか・・・?

追記:その後仕事に行きましたが、やはり自転車で職場を2往復って疲れる・・・

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする