拙者のハンドルネーム

拙者のプロフィールをご覧になる方が最近多いようで、ウイリーというハンドルネームを使っている理由について本日は書かせていただきます。

ウイリー、そう聞いて想像するものと言えば

「バイクや自転車の二輪車の前輪を浮かして走ること」

と思われる方が大半だと思いますし、その単語だけ聞いたら拙者もそれを想像します。自転車組み上げたり、ナナハン転がしていた過去があったりするので二輪車が好きな危険運転自慢野郎だと思われそうですよね。実際のところ、怖くてそんな運転できません。そして、そこまでの技量もありません。やれば出来るかもしれませんが・・・。

このハンドルネームを使用しているのは、拙者の亡き父のニックネームがウイリーだったので、その名を受け継ごうということで使っています。日本人ではないのかと思われそうなあだ名ですが、れっきとした純日本人です。

父の経歴としては・・・

・大日本帝国海軍飛行予科練習生として軍に入るも特攻する前に終戦。

・闇市で金を稼ぎ、ちょっとゴタゴタしたので上京。

・英語と中国語が話せていろいろ知識もあるので怪しい航空会社に就職。

・ベトナム戦争が終結しその航空会社が解散したため日本通運に転職。

サラッと書きましたが波乱万丈の人生だったようで、その「怪しい航空会社」ことエア・アメリカに勤めているときにつけられたニックネームが「ウイリー」でした。表向きは人も運んでいた航空会社だったようですが、父曰く

「行きは食料と軍隊を運び、帰りは死体を持って帰ってきたな、ハッハー!」

そんな仕事もしていたとかねぇ、今だから言えることです。

父が他界して8年以上が経過ましたが、思い出さない日はないですね。大好きだった父親がしてくれたことを自分の娘にしてあげられればと改めて感じるわけです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする