8年ぶりの再会

電車に乗ってまで会いたい人が拙者にもいます。前職でお世話になった方(通信業界営業のI氏)なのですが、人柄・仕事観などが人生の手本となるような人です。以前は都内に住んでいたのですが転勤により仙台へ転居されてからなかなか機会に恵まれませんでした。

そして昨日、東京に来ているということで新橋に行ったんですけど、電車で立川より東に行くのは7年ぶり。その7年前は上司と新宿に仕事のことで行き、二人で都庁の展望台に上りましたっけ。

それに、職場以外の人と飲みに行くのも確か9年ぶりぐらい。その職場以外の人というのがこのI氏。拙者、上司も好きですがI氏大好き。会うのが楽しみで電車に乗ってる間もそんなに苦ではない不思議。

細かくは書きませんが、18時に8年ぶりの感動の再会、串揚げ食べながら酒を飲み、ゆったりと高級カフェで雑談をし、気が付くと20時半。

拙者の中では1時間ちょっとしか一緒にいないんじゃないかと思うほど時の流れが速すぎて、まだ話をしていたいなと思うほど。最後は駅まで見送ってくれまして握手でお別れ。

これ以上なく楽しかったですよ。楽しかったんですけど別れるときの辛さってねぇ。次にいつ会えるか分からないと思った瞬間、新橋駅のホームで酔いがさめてしまいました。

帰りは中央ライナーを利用し家に着いたのは日付が変わる2分前。妻が満面の笑みで出迎えてくれたのも、きっと拙者が人間嫌いと言いながら特定の人とは電車に乗ってでも会いに行くことが嬉しかったのかなと。

今日はI氏が拙者家族にと高級カフェで買ってくれたケーキを食べて出勤。午前中は仕方なく仕事をするも完全にI氏ロスでして仕事する気が出ないので午後は有給取らせてもらいました。こんなに寂しい気持ちになるなんて思ってもいなかった。

ハァ、アシタモ シゴト シタクネー。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする