だから他人って嫌でしょ?

娘の様子がおかしい。

いつもは算数のクラス替えについて

”上のクラスでも下のクラスでも何でもいいや。”

というスタンスなのに今回ばかりは

”上のクラスになれるかなぁ・・・”

そんなことばかり気にしている。

そして、そのことが判明。

娘の今の班、女のみの4人。

気の合う子が一人でもいれば救われようもあるが

数人寄れば話ばかりして掃除をしないらしい。

「口を動かさず手を動かせよ。」

心の中ではそう思うものの言えるわけもありません。

先生が掃除の風景を見ていて、

「リーナちゃん、これやってもらえる?」

そう先生に言われ一人だけ違う掃除をしていると

「なんでリーナだけ違うことやってんの?」

と中村(仮)に言われたそうな。

そりゃ先生も無能には頼みませんって。

そしてこれが一回ならまだしも数回続いたある日。

中村(仮)「なんでリーナだけホウキ持ってるの?」

リーナ「先生に頼まれて・・・」

そう言うとそれを見ていたある男子が

吉田(仮)「おまえさ、リーナが頭良いから妬んでるんだろ?」

中村(仮)「妬んでる?私、リーナより頭良いんだよね~。」

吉田(仮)「へぇ、じゃあさ、今度の算数のクラス替えで決着つけろよ。」

中村(仮)「私は別に構わないよ~。」

リーナ「(なに勝手に決めてんだよ、吉田(仮)!ホントこいつら面倒くさい・・・)」

どいつもこいつも斜め上の奴等ばかり、そんな印象。

中村(仮)

この子に絡まれているということを聞いて溜息しかでない。

3年生の授業参観が終わるたびにリーナに

「あそこの席に座ってたの誰?(悪い意味)」

そう聞くと

「中村(仮)さんだよ。」

という返答があり、妻には、

「何度も聞いてるけど中村(仮)さんの顔覚えられない?」

そう言われる始末。

顔認識機能がぶっ壊れてる拙者の脳では

リーナと仲の良い子は覚えられても

有象無象の顔なんて覚えられないっつうの。

終いには参観日に態度を見ただけで

「この子が中村(仮)だったっけ。」

「あれ?違った?この子だっけ?」

「まぁコイツら分かんねーから全員中村(仮)でいいや。」

ということに落ち着いたことがあります。

妻も拙者も思うことは一つ。

”算数で一番下のクラスの人間が何を言っているのか?”

リーナは別に天才タイプではないので、

問題が解けるようになるまで努力しているだけ。

毎日毎日課題を渡しておき、

拙者と答え合わせをしたり解説を聞いたり、

必要な場合、理科に関しては実験したりもしています。

国語社会は妻と教科書を読んで問題集を解いて・・・

やることやってんのよ。

近所の子供を見ていても18時ぐらいまで外で遊んでいますが、

遊ぶのは17時まででその後は勉強するという

我が家のルールを設けて頑張っているだけなのに。

努力しているところを人に見せないと納得できないのか?

リーナ「もう、構わないで欲しい。」

妻・拙者「わかるわ~。」

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする