工夫次第

ゴールデンウィーク、4月29日は多摩動物公園へ。

この連休で一番遠くに行った場所でほとんど地元で過ごしました。

開園15分前なのにかなり並んでおり、

門が開くときには拙者の後ろには200人程度がいたでしょうか。

前回行った時にはライオンの展示が工事中のためあまり見れず、

時間も経ったし再開してるであろうと勝手な思い込みで行ってみるも

再開は来年の4月下旬とのこと。

営業しながらの修繕って結構時間掛かるんすね・・・

そして今回もメスライオンを上から少し眺めるだけ。

(娘撮影)

ゾウさん、大きかった。

(娘撮影)

キリンさん、獣王ではお世話になりました。

(娘撮影、拙者がWBの設定しくじった)

パンダはパンダでもレッサーパンダだって可愛い。

(拙者撮影)

他にもフクロウ、コアラ、タヌキと可愛い動物がいっぱい。

可愛さで言うと劣るものの動きがあって面白かったのがチンパンジー。

拙者、あまり猿系統の動物が好きではないのですが、

写真が小さくて見難いと思いますが一頭ごとにキャッチコピーがあります。

「気品あふれる土佐美人」

「いくつになっても息子が一番」

「元祖暴れん坊将軍」などなど。

飼育員さんの愛情と観察力、また人に見てもらう工夫が秀逸で

こんなにも引き付けられる展示は久しぶりです。

拙者も勉強の面白さを伝えてくれる人がいれれば、

また、勉強に興味を持つことが出来たら

もうちょっと人生変わっていたのかなと。

「勉強しろ!」「なんで遊んでばかりなの?」

こういうことを言ったことはありませんが一歩進んで

「どうしたら勉強に興味を持ってもらえるか」

「苦痛が少なく勉強を楽しんでもらえるのか」

ということを今後の目標として娘との学習に取り組みたいですね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする