術後

昨日の手術、レントゲンを撮り見る限り

そんなに大きな親知らずではなかったのですが

「こんなに大きいとは想定外だった。」

と言うぐらいの大きさだったようです。

別の意味で女性に言われてみたい。

抜歯したものを拙者も見たのですが

5つに砕かれていましたし

ゴリゴリ!キュイーーーーン!バキバキ、ボキボキ!メリメリ!

術中はこんな音ばかり聞かされ、その時はそんな物どうでもいい気分でした。

貰っとけば良かったかな?

問題が無かったわけではありません。

拙者、麻酔が効きにくいのは自分のことなので知っているのですが、

執刀前に

「先生、多分これ、麻酔効いてないです。」

そういうと、

「効いてないように感じて効いてる人もいるしなぁ、

効いてなければ途中で麻酔追加しますから。」

そう言うけどさ・・・

効いてなければ追加ってさ、効いてなくて執刀されるんだろ?

で、案の定、メスを歯茎に入れたら

「先生、マジ痛いんですけど!!!セヤカライウタロウ!!!」

ということで執刀中も常に麻酔マシマシでどれだけ打ってもらったことか。

無事抜歯できましたが苦しかった55分。

先生も疲れたでしょうけど、拙者も疲れました。

拙者、上の親知らずは2本とも抜いているのですが下は初。

妻が下の親知らずを1本抜いたとき、

その時の顔の腫れと痛みに悶絶している姿を見ていたので

抜いた後は地獄だろうと覚悟しておりました。

「痛みが出る前に薬飲んでおいた方がいいよ。」

「上と下なら下の方が遥かに痛いっていう話だよ。」

「抜糸するまでは食べ物取れないね。」

この他にも散々脅されていたんですけどね・・・

「あの、それほどでもないんですが。」

痛み止めも麻酔が切れそうになった時と寝る前だけで

次の日(今日)は飲まなくても大丈夫な程度。

世界で一番痛みに弱い拙者のことを知ってて

妻は敢えてそういう言い方していたのか。

でも先生も

「下は上とは痛み・腫れともに比較になりません。」

って言ってたからなぁ。

先生の腕が良かったのかも知れない。

立川病院の先生スゲーわ。

今日は洗浄もしてもらったし一週間後に抜糸で終了。

ただし凄く腫れてます。

自分の顔じゃないみたいで面白い。

術後2、3日後が一番腫れるようなのでそこで映像載せます。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする