友達は選ぶべき

近所に娘と同じクラスの女の子が住んでいますが、

授業中に騒ぐ、もちろん勉強はできない、

同じ班だったときに掃除をしない、

そもそも母子家庭なのに母親は働いておらず、

授業参観に来るときは小汚い格好なのに、

犬の散歩をさせているときは非常にきれいな恰好。

学校ではその子、

「お金は近所のお姉さんから貰ってるってお母さんが言ってた。」

らしい。

働けるのに働かないでお金がもらえる、なんでしょうね?

別に母子家庭だろうとなんだろうと構いませんが、

素行の悪い、心の貧しい人間とは付き合わないよう

娘には言っております。

娘も気が合わず、むしろ嫌な思いをさせられているので

学校でも話すことはゼロだと。

でも本当にその子が悪いのか?

拙者は近所の人でも限られた人としか話さず、

妻もママ友という存在を否定し

娘と同じクラスの母親であろうと

距離が縮まる必要性を感じない人間とは

なるべく話をしないようにしているとか。

端から見れば身勝手な家庭にしか見えないと思いますので、

我が家がおかしいと思われても仕方ありません。

しかし見てしまいました。

その子、犬の散歩のため我が家の前の通りを歩いていたのですが、

犬が疲れて地面に腹這いになり動かなくなってまして。

犬だって感情があり、「疲れた」「帰りたくない」というときに

意思表示をするもんです。

拙者は買い物のため家を出たところでそれを目撃したので

その後どうするのか少し離れたところで観察していると・・・

「ボゴッ!」

なかなかいい蹴り・・・

それでも犬は鳴きもせず立ち上がり帰って行きました。

小学四年生の女児がペットの犬を蹴る、

こんな子と近所だから仲良くなんて無理っしょ?

子供がやるということは親が同じことをしているのか、

もしくは子供を蹴ってるから弱いものに八つ当たりしてるのか。

世の中にいろんな人がいますけど、

付き合わない方が幸せな人っています。

娘の友達のことに口出しするのは良くないことかもしれませんが、

人生においてマイナスになる人間とは付き合って欲しくないわ。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする