妊娠の結果と祝誕生日

妊娠していました。

そして昨日は日付が変わり今日の午前1時を回るまで

言いたいことをぶつけ合いました。

しかし寝る前にトイレに行ったのですが

かなりの量の出血があり前回と同じ道を辿りそうな雰囲気と妻談。

姉妹で10歳以上の年齢差、

予定日が1月から2月という早生まれのハンデ、

両親が40歳を超えているという家庭に生まれてきて

その子は幸せなんだろうか。

拙者は父が47歳の時、愚弟は51歳の時の子。

他界したのが81歳で拙者が34歳の時ですから

同年代の人よりも早く父親を亡くしています。

いろいろな事情で早くに親を亡くす方もいますが、

年齢的な事情というのは拙者の年だともうちょっと先なんですけど。

周りを見てもまだまだジジババが生きてる家庭が多いですもん。

妊娠って40歳を超えていても簡単にするもんですが、

出産まで辿り着くって大変なことなんだなと。

出産の痛み苦しみを乗り越えても

障害を持っている可能性だってある訳で。

生まれてくる時は

「五体満足、元気に生まれてくればそれでいい。」

そう思うのですが親って本当に欲の塊。

ちょっと勉強ができると上を上を目指して欲しくなる。

テストで80点を取ってきたときも褒めることもせず

ダメなところだけに目を向け徹底的に解説。

妻が妊娠してあまりいい結果にならないであろう、

そして娘が無事10歳を迎えられたことを機に

拙者も自分を見直さないといけないなと思わされました。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする