妊娠7週(程度)

産婦人科へ。

予約は11時半だったのですが、

担当の先生が出産の方に駆り出されてしまい

会計まで終えたのが13時を過ぎた頃でしょうか。

妊娠していることは検査薬で確定していましたので

別段驚くことは何もありません。

敢えて言うなら心音まで確認できるほどで

流産してしまった前回よりは胎児も頑張っているということ。

しかし驚いていたのは先生。

先生「えっと、コレ、自然妊娠ですか?」

妻「はい、そうです。」

先生「体外受精をお勧めしたと思いますが行かなかったんですか?」

妻「えぇ、普通に生活していて妊娠しました。」

拙者「この前流産して病院の帰りに妻と二人で『また妊娠するよね。』って話してまして。」

妻「流産して一回は生理をスルーしてその後すぐに。」

先生「うーん、そうですか。」

そんな会話がされまして。

その後二度「自然妊娠ですか・・・」と口にする先生。

信じられないかもしれないですけど、

体外受精するような金は無いのですが愛はあります、としか言えません。

それに愛はあるのですがその間2回しか行為に至っておらず、

ヒットしたのは1回目だと思われます。

2度目は時期的に違うのでピンポイントで打ち抜きました。

40歳を超えて連続で自然妊娠したのですが、

妻を見てると規則正しい生活をしていると思いますし、

洗濯物、掃除、食事の用意もそうですが、

知らぬ間に外に出ていて庭先や道路の掃き掃除をしたり、

動いていることが多いなと感じます。

買い物に行くと言っては駅一つ分歩くのも当たり前です。

拙者はというと、毎日片道30分以上愛車のエスケープR3改で通勤し、

仕事が終われば寄り道もせずダッシュで帰宅。

娘の勉強を見たら妻と食事の用意をして、

食べ終わったら後片付けをして風呂に入り

娘を寝かしつけたら酒を飲みながらゲーム・・・

全然妊娠に良いことなんてしてませんでしたがストレスは無いです。

妻もパニック障害を克服してから若返った気がしますし、

拙者も禁煙してからというもの体調が過去最高にいいですから、

まだまだ実年齢よりは若い、ということにしておきます。

今回も出血していて予断を許さない状態ですが、

子宮の収縮を抑える薬を貰えました。

「前回貰えなかったのは何故?」

そう妻に聞かれましたが、明らかにダメな状況ってあるじゃないですか。

医者という職業なら多くの患者を見てきた経験から、

「薬出したってこりゃ無理だわ。」

と一発で分かるほど前回は良くなかったんでしょう。

その回答に妻も納得。

二週間後に検診、そこで問題無さそうなら母子手帳の発行らしいです。

この歳になって二人目が産まれるって実感が湧きませんが、

お腹が大きくなってくればまた違った感情も湧くんでしょうかね。

本当にどうなるんだか。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする