来てくれて嬉しかった♡(飲み屋ではない)

6月16日土曜日、今年度二度目の授業参観。

授業内容は算数、社会、体育、国語の4教科、

残念ながら妻は立ってみているのが辛いので今回はパス。

土曜日の授業参観で拙者だけの参加というのは初で、

娘にはちょっとかわいそうだったかなと。

妻の状況をちゃんと話せば理解してくれると思うのですが、

「体調が悪い=パニック障害」

になってしまうんですよ・・・

早くちゃんとした情報を娘に伝えたいです。

所感として、

算数は一番上のクラスなのにレベルが低い。

後ろの席を陣取る子は喋っている子が多く

ノートを覗くも問題を解くのに隣の子に回答を聞く始末。

自分の力で解いてないのに一番上にいる意味って見栄?

社会は班ごとに調べたことを発表。

文科省準拠の教科書を使用していないので意味無し。

Z会で自宅学習した方が有意義、時間の無駄。

体育は体力測定。

握力とボール投げでしたがほぼ遊びのようなもの。

でもクラスメイトと楽しそうにしていたからOK。

国語は特定の感じを使用した文章作成。

娘の苦手な部分だから見ていて参考になった。

今後自宅学習でも取り入れたい。

今回の授業参観で感じたことは

どの質問にもほどんどの子が答えられる、

なのにテストの点数が悪いと教師から指摘されること。

漢字だって黒板に書けているし、変な文章を書くわけでもない。

算数だって一部を除いて良い回答をしている子もいたりするのに、

どうしてそうなるのか?不思議だ。

娘が帰ってきてから妻が

「今日は行けなくてごめんね。」

というと娘、

「お父さんが来てくれたから大丈夫、

一番最初から最後まで見てくれて嬉しかったし。

それよりお母さんの体調は?」

なんて言ってくれちゃって、お父さん泣いちゃうよ?

そして自分は特定の子に嫌がらせされたりしているのに

親のことを心配させてしまって申し訳ない気持ちに。

妊娠していることを娘に言えない辛さ、早く真実を言いたい。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする