子供同士のいざこざ

藥袋(仮)という自称将来プロサッカー選手がいる。

娘はもとよりクラスの子の大半が

半ばイジメのような言動をされているということで

土曜日の授業参観の時に顔を確認。

想像通りの目つきの悪いチンピラになりそうなご尊顔でした。

藥袋(仮)語録としては、

「お前生きる意味無いよ。」

「消えてなくなれ、死ね。」

「お前馬鹿だな、俺は天才だけど。」

と、これ以外にも書ききれないほどの暴言を娘に浴びせている輩でして・・・

娘が90~100点を取っているテストで

50~70点の間をウロウロしている自称天才君。

そしてたちが悪いのが藥袋(仮)に

犬のような存在がいること。

男が複数名で女子に暴言・嫌がらせというのがね、

親が虐待とかしてるからこうなるんでしょうか。

日曜日は少しリラックスしたものの寝付くときに

「明日学校行きたくないな。」

といつもの言葉が。

「だーかーらー、行かなくていいって(笑)。

学校なんかで勉強しないでお父さんと勉強しよう?」

と言うと

「でも頑張る。」

とのこと。

そして月曜日。

引き続き嫌がらせをされていると思うと拙者は昼寝もできず、

仕事をしながらも娘の事が気になり就業後家に電話すると、

拙者「嫌がらせされなかったか?」

娘「藥袋(仮)と犬が謝ってきたんだよね・・・」

何があったのか、不思議なことが起こるものです。

今まで無差別に嫌がらせをしていたので多くの子に謝っていて、

でもリーナの友達は許さない子もいたりしたと。

あまりに続くようならボイスレコーダでも仕込ませて

徹底的に裏を取った上で戦おうと思っていましたが、

そこまでしなくて済んで良かった。

先生にも昼休みに呼び出され注意を受けたらしいけど、

腑に落ちないのは

”先生に注意されたのは昼、でも謝ってきたのは朝”

なんです。

授業参観のあった土曜日に何かあったようには見えず、

ということは同じ境遇の保護者がダメ親に直接言ったのか、

土曜日の授業後に先生に相談に行ったのか。

いずれにせよこれで少し大人しくなってくれればと願うばかりです。

でもこの藥袋(仮)、リーナとフレンドになっていたのに

日曜日に一方的に解除してきまして。

男なのに小さい奴だなと思ったり、

リーナは自分から手を下すことなくフレンド解除できて喜んだり。

他人と付き合うって本当に面倒臭いですね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする