100点は3人だけです(テストではない)

小学校の漢字テストがどうにもおかしい。

テスト問題はカラーなのですが、

そのテスト用紙を丸々コピーした白黒のものを前日に宿題で渡されます。

”明日これと同じものをテストでやります。”

ということらしい。

凄いお膳立てですよね?

テストでやることを前日の宿題?

漢字は読み方が沢山あるんですから

本気で学習するなら一つの文字について

音訓を覚えないといけないと思うんです。

それにテストって日頃の学習の成果ではないの?

出される問題が全てわかっているということは

100点が取れる子多数、90点以上は当たり前。

それ以前に宿題は辞書・教科書を見て書けるんですから

全員が正答して提出できるはず。

ここからは娘の証言によるものです。

宿題提出で先生の発言が、

「今日の宿題100点はAさん、Nさん、リーナさんの

女子三人だけでした。男子は全滅です。」

と普通発表しないようなことをしていたと。

そもそも計算問題の宿題なら間違いもあるでしょうが、

漢字の宿題で100点という発想が良く分からない。

そして先生の言い方、表情が怒っているように見えたそうな。

教師の気持ちを考えると

悲しい、呆れ、怒りと言う感情が支配するのは当然。

でも娘、

「私には関係ないことだから先生の話は適当に聞いてた。」

うん、仕方ない。これ以上リーナがどうこうできる問題ではないし。

何がいけないんでしょうね?

一億総活躍時代と言われて女性も働くようになって子供の相手が面倒?

ゆとりちゃんが育児しているからゆとり以下の存在が誕生した?

核家族化で躾をできる人間がいなくなったから?

習い事だけさせて満足せず、子供と向き合ってあげればいいのに、

我が家の近所もそんな親ばかリ。

追記

本テストで100点は9人、90点以上多数。

悪い結果でなくて先生としては良かったはずだけど

これでいいの?

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする