勝手な思い込みはいけません

妻「トイレの手を洗うところ(タンク上)が汚くなってるの。」

(↑清掃後。人様に見せることができない程でした。)

この手の掃除は拙者の担当でして、終わった時の達成感が好きです。そして綺麗になった後に妻が喜んでくれるのも拙者としては嬉しいものです。

使ったものはクリームクレンザーとスポンジと45分こすり続けるだけの気力と体力。コンパウンド使おうかと思ったのですが、それほどでもないだろうという判断がちょっと間違ったかもしれません。荒いものと細かいものが家にあるならコンパウンドを使用した方が楽だったと思います。流石に7年もの歳月をかけて作られた水垢は手強かった。

しかし問題はそこではありませんでした。次の日職場に着き書類を整理していると紙が一切めくれない。おかしいと思い手を見てみると・・・

あらら・・・。写真では見難いのですが手の皮が薄く丸々一枚めくれてるではないですか。しかしこの時クレンザーで掃除をしたからなんて微塵も思わず、そして不快なので手の皮をめくっていると所属長が

「ウイリー、もしかして薬品を長時間素手で触ってなかったか?」

なんて言うもんですから記憶をたどるとクリームクレンザーぐらいしか思い当たらず、

「クレンザーで50分ぐらい掃除してましたけど・・・。中性でしょうから影響無いと思うんですが。」

という拙者の返答に

「お前・・・アレ中性じゃないだろ?調べてみ?」

と上司。

メーカーのホームページから成分表を見ると「PH10~11の弱アルカリ性」との表記を発見。あれ?PH7が中性、MAXで14なんだから結構なアルカリ性じゃないですか。

「素手で1時間近くもクレンザーで掃除とかありえんだろ。というより薄皮一枚で済んでるお前の手の皮もどうなってるんだか、その程度で済んでることが驚きだよ。」

とお褒めの(?)お言葉をいただきました。

過去に妻が嘔吐し、素手で掃除をしたあと判明した病名がノロウイルス。もちろん拙者は感染してしまい、1週間後にトイレとお友達になり点滴を打つ羽目になりました。ドブや排水溝を掃除するときはゴム手袋を着用しますし、庭木の手入れをするときは軍手をしますが、怪我や極度の汚れが無い場合は面倒なので素手で作業してしまうんです。何事も慎重になるぐらいの方がいいですし、どこでどうなったか「クレンザー=中性」だなんて勝手な思い込みとかをしてはいけないと思った出来事でした。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする