ネットブック改造計画3(中国語の破壊力)

ブツが届きました。

アマゾンでの画像はこんなところ。実物は・・・

中国語がパッケージに書かれているだけで不安になるのは拙者だけでしょうか。パッケージから中国語を取り除くと、

拙者としてはこっちの方が安心感があるのですが。中国語とハングルが書いてあると残念な気持ちになります。かといって日本製だと何倍もしてしまうので止む無し。壊れてもいいけど爆発だけはして欲しくないです。

中身は

見た目は普通。ビスは2本ついてますが大きさが若干違うような気がするので、今使用しているSSDのビスをそのまま使う予定。

mSATAをMINI PCIeに変換するアダプタも届きました。

想像通りの商品だったのですが、この段ボール製の箱の中に静電気防止のビニール袋の中に入っていただけでした。拙者としては簡素で良いと好印象を抱いたのですが、中にはこの簡素さが受け入れられない人もいるだろうなと。動いて安けりゃOKOK、どうせアダプタだもの。爆発はしないでしょ。

ちゃんと認識して使えるのか。Eeepcを改造している方のサイトでは、Eeepc推奨mSATASSDを使用して乗せ換えている例が多かったのですが、拙者としては安価で手軽に出来ないか、ということでチャレンジしております。上手くいったら中古で買い増す予定です。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする