母親の感情が伝わる?

昨日の台風、神を信じない拙者ですら何事も無いよう祈っていました。ここまで雨も風も強い台風は初めてかもしれません。

そんな台風直撃の夜、23時過ぎたぐらいの時間に「眠いから寝室に行くね。」と言い2階に上がって行った妻。風の吹き抜ける”ピューピュー”という高い音と”ゴーーー”という低い音、吹き飛ばされてきたであろう金属の何かが転がっている音。この騒音の中で寝れるわけないだろうと思ったら案の定、10分ほどしてリビングに下りてきました。

「風の音も凄いし何かが転がってる音もするけど、2階が揺れるほどの風で怖くて眠れない。ちょっと寝室で横になってみてよ。それにお腹の中で暴れてしまっているから寝られない。」

というわけで妻の寝室で横になってみると確かに揺れている。音だけでも恐怖なのに家が揺れるほどって経験したことがありません。

でも一番驚いたのは妻が”怖いな”と思うと胎児が激しく動き出すということ。音が聞こえてきているということもあるけれど、妻の意思が伝わっているかのような動きをするとか。それに拙者と娘がゲームをしたりしていて楽しそうに笑っているとピクピク動いていることもあるらしい。本当にお腹の中で生きているんだなと思うと不思議な感覚になります。

そしていつもの台風後の多摩川。

近づくのが怖い程の流れでした。人間がどう足掻いたって自然にはかないませんね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする