続・31週での大量出血(復調の兆しと32週突入)

火曜日:職場は2時間休みをもらって家に帰る。それまでは普通に仕事だが書類の山がデスクに・・・。でも前職に比べれば楽勝。仕事しながらでも意外とやれそうな感じ。娘が帰ってくるのが遅くなるので面会は無し、その代わりに15分ほど電話をした。電話でこんなに長く話す娘は初めて見る。友達と話すときなんて要件ぐらいしか話さないのに。やはり寂しいのだろう。朝食は前日の残りのナメコのお味噌汁とウインナーとパン。夕食は豚ロースのソテー、レタスとカニカマのサラダ、お味噌汁と白米。

本当に手抜き食事。サラダなんて千切るだけ、肉は焼くだけ。美味しければいいんだよ。

水曜日:娘が5時間授業だったので午前中のみ仕事をして帰る。すぐに帰るつもりだったが30分ほど時間が出来たので飛び込みで歯医者に。現在治療中なのだが今回の件があり一時中断している状況。悪くなっていないので時間が出来た時にまた行くこということになる。13時に家に着き、庭掃除、トイレ掃除、掃除機掛け、朝食の食器片づけ、布団を干してひと段落。娘が帰ってきてからは宿題のチェック、全て片付いたところで妻との面会へ。娘はよくしゃべるし妻はベタベタ触りまくる。離れ離れはやはり寂しいのだろう。拙者は寂しいと感じるよりも娘との生活、仕事、その日の献立と考えることが多すぎて寂しさを感じている暇などない。帰ってきてからは算数の予習、妻から預かった洗濯物を洗い干す。最後に風呂掃除をして本日の営業終了。朝食はタマゴサンドとヨーグルト。晩御飯は産婦人科から歩いて3分の所にサイゼリアがあったので外食で済ませる。

明日を乗り切れば三連休になる。「一週間を目途に」と言われているが、まだ出血することがあるので退院からは程遠いのかなと思っている。来週もほとんど2時間休暇で早退となるが、毎日取得し続けることは難しい。上司にも年休を取ってもらわないといけない。永遠ではないものの年次有給休暇の残日数とも相談しないといけない。これ、出産ではないので、もう一度同じことをやらないといけないのよね・・・。

仕事をしながら育児と家事、シングルの方ってこれを一人でやってるんだから凄い。しかし「片親で育てるのって大変」と言いつつ実家の力を借りているなら大したことない。自分以外の誰かがいてくれるのは心強いんだろうと思う反面、家事等を手伝ってもらうということは借りを作り、親に対して介護という非生産的な行為に付き合わされる確率が増える。死んでほしい人間の介護なんてまっぴら御免である。

ここを家族で乗り切れば何か得られるものがある、そう思って頑張るのみ。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする