次の問題は胃腸炎

次から次へと我が家には問題が降りかかってきます。

2月17日日曜日、午前1時30分頃のこと。拙者とリーナは同じベッドで寝ているのですが、耳元付近で液体の流れる音。何事か分からず起きてみるとベットが嘔吐物まみれ。娘が苦しそうに起き上がると再度嘔吐。

頭は働かないし一人ではどうしようもないので妻を呼ぶ。手袋、ビニール袋の完全装備で娘を軽くタオルで拭き、パンツ一丁の拙者がおんぶで風呂場まで連れて行く。パンツ一枚になった理由は嘔吐物が洋服に着くと消毒が面倒だから。多分妻のことだから嘔吐物が付着した物は全て捨てるはずだからという考えもありパンツのみの姿に。こういう部分だけは頭が働く。

リーナ「全部吐いて楽になった。」

いやいやいやいや、前日の夕食時のことを思い出す。腹痛のためあまり食事が食べられず残していた。その時にはまさか胃腸炎の前兆とは思わず、「土曜日も学校があったから疲れかな?」ぐらいにしか思っていなかった。サインがあったのに見逃していたことを後悔。

気分が落ち着いたというから少しだけ水を飲ませ、その間に#7119へ相談。

相談員「ただ吐いただけということもあるので・・・」

と言っている傍から飲んだ水を嘔吐。直ぐに病院に連れて行く。でも吐いたものを処理しておかないといけないので大きなビニール袋に掛け布団、毛布、シーツ等マット以外のベッド用品とリーナのパジャマを全て詰め込み外に出し、おんぶした時に背中に付着した嘔吐物は対ノロウイルス用除菌スプレーで拭き取る。多分ロタであっても効果はあるはず。


病院の診断は「おなかの風邪」という診断。

そして使われた薬が「ナウゼリン30mg 坐剤」というもの。あまりの効き目に驚きで、使用して30分後には何事もなかったかのように吐き気が消えている、らしい(娘談)。吐き気が戻ってきたときのために2個もらい、途中でコンビニによってポカリを購入し帰宅。


午前3時、家に帰ると妻がイオナを抱っこしていた。その時はリーナのことだけに集中していたが、大惨事だったときイオナはベッドで大人しくしていてくれた。目を見開いて拙者と目が合うもじっとして、いつもの赤ちゃんとは別人ではないかというぐらい落ち着いていた。多分あの時泣かれていたら完全にアウトだったと思う。空気を呼んだイオナにちょっと感謝。

背中に痛みが。多分除菌スプレーの成分である次亜塩素酸が拭き取れてなくてヒリヒリしているのだろう、そして昨日の自分の行動を思い返すと・・・。

娘の晩御飯の食べ残しを完食し、逆向きだったとはいえ近距離で嘔吐、水分を取らせた後の嘔吐は足に少しかかってしまったし、なるべく素手で触らないようにしていたけど色々付着したはず。拙者も過去に胃腸炎になったことあるんですけど辛いんですよね。感染しなければいいなと思いつつ数日過ごすことにします。祈る神もいないんで自分の体力を信じるのみの状態です。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする