妻の誕生日につかまり立ち

9月某日。妻の誕生日だったので久しぶりにららぽーと立川立飛へ。メインの目的は財布の修理とケーキとお菓子を買いに行くこと。あとは妻が探していた化粧品が無かったり前日にラピュタを見たのでどんぐり共和国に行ったりしました。イオナは拙者が抱っこしていて寝たりボーっとしたりで大人しかったです。

しかし家に帰ればイオナさんは豹変。車の中もチャイルドシートで動きを抑制されているので自由に動き回れる家ではハイハイで暴走。動き回るだけならまだしもヨダレを垂らしながら激しく動くさまはパープルヘイズそのもの。さすがに家族は慣れましたけど。

そして返ってきて荷物を片付け終わろうかというときに妻の悲鳴。

妻「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!」

いつも大したことでもないのに大きな声を上げるので拙者もリーナも「はいはい、なんでしょか?」という感じで近づいてみるとイオナがテレビ台でつかまり立ちをしていまして。当然全員が驚き、

拙者「イオナスゲー!」

リーナ「あわわわわ、立ってる!」

妻「頑張ったね。でも明日から大変だから見なかったことにしたい。(泣」

と三者三様の感想。拙者もリーナも単純に嬉しいと思っているものの、妻の感想としては嬉しいけど放流してると頭を打つ危険性が出てきたし手の届くところから全ての物を撤去しないといけないからメンドクサイ・・・ということらしい。四六時中見てるとか疲れてしまうし。これはこれで大変な時期を迎えたなというところ。

そして今日の朝。

リビングに降りるとベッドの上で仁王立ち。最近では家族は「ふーん、また立ってるね。ひっくり返って頭をぶつけないように見てなきゃ。」という程度に感覚も変わってきたように思います。この成長のスピードは感動すべき凄いことなんでしょうけど、怪我をさせないように気を使い過ぎて少々お疲れ気味なのです。

でも、朝から笑顔でいてくれるイオナさんに感謝です。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする