公立小学校のレベル

リーナ「楽しかったけど難しかった。難しかったけど楽しかった。学校に行って勉強しなくてもこういうところで勉強した方がいいよね。生徒も静かだし。」

何のことを言っているのかと言いますとコレ。

冬期講習のお知らせがありましたので3日間受けてきました。Z会自体はスタンダードな教材を毎月行っていますが、どこかに行って知らない人と授業を受けるというのは初です。

教科は国語と算数。1日目、2日目は授業、最終日にテストと回答を受講。拙者もテストを解きましたが、国語は難しい、算数は拙者が得意教科だということもあり標準より少し難しい程度かな、というレベルでした。

しかしリーナが通っている無料小学校のレベルよりは数段高いものだと思います。小学校でほぼ毎回100点が取れていても、やはり塾やそれ相応の学習機関だと難しく感じるんだなと。小学校は基礎のみ教えてくれますが、それ以上ではありませんので今後のためにも何か考えないといけないなと拙者も妻も考えさせられました。

学校って拘束時間が長い割に勉強の密度はスッカスカ。勉強のできない子を普通の状態にするように努力するのに、勉強のできる子を更に伸ばそうとはしてくれないのが公立。結局妻と拙者で頑張るしかないみたいですね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする