バレンタインハラスメントやめて欲しい

拙者の職場は基本男ばかり。しかし数年前から業務委託をお願いしているところにパートの女性がいる。普通のときは何も問題無いのですが、バレンタインデーの時は「この人たち居なければいいのに。」と思うほど。義理チョコという欲しくもないものを貰い、1か月後の3月24日に無駄な出費と気を遣うというダブルパンチ。いや、トリプルパンチかもしれません。

拙者の立場で言わせてもらえば、「委託先のパートが委託元の社員に気を遣わせんなよ。」ということもあります。別のことで気を遣うのはいいけれど、ホワイトデーの時にお返しをすると「あ~ら、お返しいただいちゃっていいんですか~?」とか白々しく言ってくるわけです。「は?渡さなかったら五月蠅いくせに何言っちゃってんだ?」と言えるわけもなく愛想笑いでごまかすこのクソイベント。

最近世の中には数多くのハラスメントと呼ばれるものがあり、パワハラ、スメハラ、モラハラというのは一般的なものとして定着していますが、「人が嫌がること=ハラスメント」だとするとバレンタインだって受け手側が嫌な気持ちになるなら立派なハラスメントでは?と思うわけです。

拙者のことを本当に理解してくれている人なら、チョコレート味のプロテインが最適解、次点でバッカスorラミー、赤点ギリギリラインがビターチョコなんですけど、渡されるものは大抵砂糖たっぷりの甘ったるいものばかり。「もう、そういうのイラネーから!」と職場の中心で叫びたい。それに欲しかったら自分で買えば済むだけ、他人に気を遣ってお返ししてとか嫌なんです。

出勤したら渡されるし、敢えて休みを取っても机に置かれてるし。残り一カ月、所属長の名前で文書作って通達出してやろうか思案中。そんなことを考えるのも時間の無駄なのに。

でも、拙者は娘と妻にチョコを買って帰るのでした。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする