パニック障害との闘いは継続中

深夜2時。眠りが浅かったこともあり物音が聞こえて目が覚めた。そして寝室の扉を見ると少し開いているように見える。視力0.1&乱視、更に寝起きということで

「取り敢えず見なかったことにして寝よう♡」

そう思い布団をかけると誰かが入ってくる。完全にホラー。とはいえ、リーナは隣で寝ているので妻であることに間違いは無いと思っていたのですが・・・。

妻「ちょっと下に来て欲しいんだけど。」

脳裏をよぎるのは拙者専用PC内にある”新しいフォルダ1” ”新しいフォルダ2” ”新しいフォルダ3”の存在を知られてしまったかということである。そして一番ヤヴァイのは偽装ファイル”ゴミ箱”の存在。それだけは絶対に知られてはいけない代物。人間はいつ死ぬか分かりませんので、そろそろ物理的に破壊しないととは思っていたのですが。

しかしPCに疎い妻のことだからそれは無いだろう、そう思っても寝起きで頭が回っていないと流石に焦る。そして実際には違いました。

妻「今トイレに行ったら少し下痢で胃もムカムカしているの。ノロじゃないかと思ったらパニック発作が少し出そうになったからウイリーを呼んだの。」

その言葉を聞いて安心したような安心できないような微妙な感情。しかしパニック発作を抑えるのは手を握って声をかけてあげるだけ。

拙者「昨日の夜、貧血気味だからと言って牛乳飲まなかったっけ?それに晩御飯も揚げ物で脂っこかったから胸焼けしてるのかもよ?胃薬と正露丸飲んでみたら?」

ということで薬を飲ませて30分。

妻「お腹はグルグルしている感じだけど吐き気は改善した感じがする。手の震えも出てないし大丈夫。」

様子を見ながら2時45分ぐらいに拙者も寝室に行き再度布団に入りました。が!余計ことを考えてしまったせいか寝れない。やましいものを置いておくのは精神衛生上よろしくないので早急にどうにかしないといけないなと思いました。

普通に生活をしていて、イオナの面倒が大変でも頑張っている姿を見るとパニック障害で苦しんでいたことを忘れてしまいます。しかし、今でも何かがきっかけで表に出てこようとするのが精神的な病の恐ろしさです。完全に治るというのは無理でもコントロールできている今の状態がベストなんですかね?過呼吸のような症状が出なくなることは絶対に無いのでしょうか。パニック障害発症前の妻に戻ってもらえるよう努力しているつもりなんですけどね・・・。

うーん、Dドライブについても妻のいないときにこっそりPCから抜き取らないといかんですね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする