新型コロナのマスク並び

先週、髪を切りにヤオコー西武立川店に行った時のこと。

美容院の開店が9時半のところ拙者は毎度9時に行くのですが、あふれんばかりの人、人、人で「こんなに人が多いの見たことないぞ?どんだけ髪切りたいんだよ、こいつら。」と自分のことを棚に上げて思った次第です。

ところがその並びは隣の薬局でしてマスクを買い求める人の列でした。多分、50~60名はいたでしょうか、拙者はマスクもせず美容員の前に並んでいたんですけど、マスク並びの人たちからするとノーガードで突っ立ってる拙者が異様だったのでしょう、話しかけられました。

男A「凄い並びですよね。並べばまだ買えると思いますよ。並ばないんですか?」

拙者「髪を切るために早く来て並んでいるので。別にマスクしててもダメなときはダメですから。」

男B「でも次にいつ入荷するかわからないんですよ?」

拙者「そうですね、私が買わなければ別の人が買えばいいと思いますよ。私は髪を切りに来てるんで別にいいかなって。」

いいじゃん、買わなくたって。放っておいてよ。でもこの会話を聞いてる人間の視線が痛いのなんのって。マスクを買い漁る人から見ると拙者は異端なのかもしれませんけど、拙者にしてみたらそこまでマスクを信用している人たちの方が異様ですよ、と。両面テープで顔にマスクを張り付けるならまだしも、口と鼻の上に被せてるだけでマスクってそんなに効果があるのかなと疑問に思いますし、鼻を出してしまっているウッカリさんも多いこと。それに目の粘膜ってどうなんでしょう?喉だけ保護してればOKなんでしょうか?目からウイルスが侵入なんてあまり聞きませんけど大した面積ではないから無視していいレベルなの?

拙者、マスクを買うぐらいならステイシア様、ソルス様、テラリア様に祈りを捧げてお布施しますわ。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする