小中高休校を受けて、世の中はパニック状態。

昨日の18時45分ぐらいだったと記憶していますがNHKニュースの速報で

「3月2日から春休みまで小中高校について休校を要請する。」

と首相からの発表。それを聞いた拙者と妻が一番最初に思ったこと。

「買い物に行っておかないと。」

そこで拙者、着替えを済ませて近所のイオンに買い出しに行ったわけですが、客は少なく何事もない様子。そんな中、拙者は野菜、冷凍食品、加工食品、飲料、おむつ、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗剤など、思いつく限りのものを買えるだけ買う。その総額1万円也。休みの日の買い出しと同じ量の買い物を19時過ぎにしている人間がいるわけもなく・・・。と思っているとカップラーメン数箱とスナック菓子やチョコレートを大量に買う夫婦を2組目撃。そのうちの一組が拙者の買い物量を見て目が合う。お互い「あぁ、知ってて来てるね?明日修羅場だしねぇ。」そんな雰囲気を漂わせつつレジに並んでいました。

レジに並んでいると妻から電話。

「ティッシュペーパーとトイレットペーパー、洗剤類も買い足しておいて。おむつも買えるなら追加で。どうせ腐るものではないから出来るだけお願い。」

そういわれ持たされた1万円を使い切って、更に拙者の小遣い5千円を使用し全力で買い物。長い目で見れば使うものだからいいんですけど、ここまで買う必要があるのかと思うのでした。が、妻に「買っておいて。」と言われたのだからそれを信じる。セルフレジに2度並ぶのは大変でしたけど・・・。


そして次の日。

職場近くのマツキヨとウェルパークを覗いてみたんです。拙者はプロテインバーを買うついでにマスクか除菌ジェルが売っていれば、という気持ちで行ったのですがレジが大行列。客が持っているのがトイレットペーパー、ティッシュペーパー、手洗い用液体石鹸・・・。トイレットペーパーとティッシュペーパーは ” お一人様一点限り ” の張り紙。ですがほぼ売り切れ状態。スーパーやホームセンター帰りの人を見てもトイレットペーパーを持っている。

「拙者も昨日3袋買ったからパニックの一端を担ってるんですわ。本当にすまんな。」

そう思いながらも妻の言った通りにしておいて良かったと思うのでした。

拙者の基本的な考え方として「不要なものは買う必要性なし。」なのですが、拙者がどう思おうとほかの大多数の人の考えは違います。何かのために備えて買い溜めようとするのが人間の心理だと東日本大震災の時に学んでいます。

” 必要ないから買わない” ではなく ” 必要な時に買えなくなる”

そういう恐怖から悪循環が生まれるのではないかと思っています。しかし自分だけが取り残されるわけにはいかないので、家族のためにやるしかないのです。皆さんごめんなさい。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする