【朗報】学校から休むようにとお願いされる。

これほど有難いことがあるだろうか。学校に行かせる時間が無駄だと感じ、家にある参考書も終わってないので春休みを使って復習しようと思っていた矢先、首相からの

「3月2日から春休みまで小中高校について休校を要請する。」

ありがたや、ありがたや。

卒業生を送る会、卒業式、入学式に在校生として出席させられる現5年生の練習に割く時間の多いこと。そして縦割りという1年生から6年生までの子を2人ずつ12人で一つの班を作り遊んだりお弁当を食べたりする活動。授業時間を使ってまでやることではないし娘にとっては苦痛な時間。クラブ活動も面白くないのにどこかには入らないといけないから仕方なくやらされていた。そんな状況から解放してくれた安部さん、ありがとう。

ただ、世の中の意見を聞けば
・仕事が休めない。
・仕事をどうするか。
・急に言われても仕事が(以下略
・子供を家において仕(以下略
といった具合に「シゴトガー!!!」と言っている親の多いこと。

今の女ってバカなんですか?男もクルクルパーなんですか?

煩わしさから解放されるために核家族になり、人より裕福な生活をしたいから共働きをしている。今まで親と同居をしてこなかったんだから精神的にも楽だっただろうし、仕事をしているという名目で他人に育児をぶん投げて外に出て開放的だっただろうし、収入だって男一人で稼ぐより夫婦で働いた方が世帯収入上がりますもんね。今まで潤った生活してきただから有事の際にはシワ寄せがくるもの。シングルの人は一定同情します。

東日本大震災や熊本地震、最近では2019年の台風19号など災害に見舞われる国だということを忘れていませんか?全ての事に対処するのは難しくとも、もう少しいろいろなことを考えて生きていくことって出来ないものなんですか?これを機に、誰もが災害は自分の身に降りかかることだと思って生活したらいいのでは?

拙者は娘の自宅時間割を作成して6年生に備えねば・・・。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする