娘の学校行事と家庭学習とPTA活動、そして免許の更新

昨日娘の始業式が行われました。9時登校、9時半下校という超時短スケジュール。校庭で校長の話を少し聞いたら教科書を貰って帰ってくる程度とのことでしたが、久しぶりに友達とも会えて楽しかったそうです。担任の先生も5年生からの持ち上がりで良かった。しっかりしている方だし、娘のことを気にかけてくれるので娘も先生のことを信頼しているし。何より先生自身が結婚して子供もいるので親としては安心。今年度も学校があるときはそれなりに楽しく通ってもらえそうな気がします。

家庭学習に関しては遡ること1月中旬から2月上旬のこと。まだ新型コロナのことも良く分かっていない時期の出来事です。
Z会の教材は5年生までは国語と社会の通常レベル2教科を受講していたのですが、これからの娘のことを考えて国語、算数、理科、社会の4教科はハイレベル、それにプラスして英語、作文、中高一貫校適性検査とほぼ全て学習させることにしました。これは妻と意見が分かれたんですけど拙者のゴリ押しで決定。「そんなに教材を取ったところで時間が足らないかもしれないよ?」と言われましたけど結果的に「あの時多めに教材を頼んでおいてよかった。」となりました。娘にとっては学校に行っている方が楽かもしれません。しかし学習の場が減ってしまった分は自宅でやるしかありません。だけど一方的にやらせるのではなく、拙者も一緒になって苦手な国語や社会を勉強できたらと思っています。算数・理科は多分余裕。

PTA活動についてですが、以前ブログに書きましたとおり「校外委員」という全く意味のない委員を押し付けられました。活動内容は年6回の見守り登校とその後のお便りづくり、芝生ェスというくだらない行事と昭島市主催(?)の青少年フェスティバルへの参加、年2回地元自治会のクソ老害との防災交流。考えただけでも胸糞悪くなります。
しかし!先ほどメールが来ました。

昭島市立〇〇小学校より
日頃より本校PTA活動にご協力ご理解頂き誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受けまして、学校と協議した結果、1学期のPTAの会合・行事につきまして延期・中止の決定をいたしましたのでお知らせ致します。

イェーイ!委員長や副委員長などを選出する集まりも無ければ、オヤジギャグ臭くて名称が嫌いだった芝生ェスも中止!ウェーイ!PTAの活動しか生きがいの無い親に「ねぇねぇ、どんな気持ち?」って聞いてやりたい。きっとくだらない活動をしなくていい分、自分の子供の生活面や学習面をしっかりと見るんだろうなぁ(遠い目)プププ傑作。もうこの際だから1年活動休止にしてほしい。

嬉しい情報もあれば悲しい情報も。運転免許証更新について。
拙者、これでも優良運転者なので警察署で更新ができます。昨日午後に行ってきたのですが立川警察署は1日あたり午前120名、午後144名の264名しか更新できません。しかも外にテントが張ってあり時間になるまで外で待たされるので、寒かったり雨の時、風が強い日は待っているだけでも体力を消費します。しかも誰もかれもがマスクを着用していて異様な光景ですし並んで待っている時の殺伐とした感じ。みなさんストレス溜めてるんですね。
立川警察署での免許書更新を考えている方は朝一番の8時半か午後一番の13時狙いで行くことをお勧めします。拙者は12時45分に到着して2番目の講習でしたので終わったら15時前になってしまいました。中にいる時間より外にいる時間の方が長くて、しかも風が強かったのでつらかった・・・。

新型コロナという病気でこれだけ社会が変わるって凄いです。もしかするといろいろな面でチャンスが巡ってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする