東京都新規感染者数が減り過ぎると困る

新型コロナ、感染するとただの風邪よりも厳しそうですし肺炎も苦しそうなのでかかりたくないのですが、この時期に感染者が減ってきてしまっているのは想定外でした。減り過ぎると5月7日の緊急事態宣言解除が現実のものとなってしまいます。解除はまだまだ先にしてほしいので東京都の感染者は150人から200人をキープして欲しかったのです。

まず娘の学習面だけを見ると学校に行かない方が絶対に良い。縦割り班での遊びや新入生の面倒を見たり、くだらない行事をさせられたりと無駄な時間が多過ぎ。勉強だけしてろと言うつもりはありませんが、時間の配分が滅茶苦茶で学期の最後に駆け足で授業を進めるのは許せませんでした。それに45分の授業、家でやれば15分で済みます。公立ですから仕方ないですけど、授業公開を見ているとつまらなくて眠くなるものでした。

それに夏休み。中途半端に感染者がいる中で旅行には行けません。緊急事態宣言がこのまま出続けてくれていれば「旅行」なんて話にはならないと思います。きっと解除されても心配性の妻の事ですから旅行のことなんて考えていないと思いますが、解除されていなければ「行きたくない」そう思えるはずです。ですので解除されるのと解除されないのとでは気分的に違います。

あとテレワーク。筋トレがやりづらいこと以外は快適です。仕事は別室で集中してできるし長女の勉強を見たり、二女の遊び相手をしたり、お昼ご飯を作ったりもできます。難点は昼に炭水化物をほとんど摂取しない生活をしていたのにお昼ご飯で麺類や白米を食べることが厳しい。家族と食事を合わせてしまうので体調管理が以前より面倒になりました。大きな問題ではありませんが。

せっかくこの生活にも慣れてきたんですから、当分は新型コロナシフトを満喫したいと思う拙者なのでした。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする