今期はPTAに協力いたします

家に帰り机の上に置かれている学校からの配布物を発見。

PTAだより

「どうせ年間行事が書かれていて強制的に招集されんだろ、クソが!」

そう思ってみてみると、

「本年度の委員は選出しない。必要な時にボランティアとしてお願いする。」

と書いてあって驚きました。本来あるべき姿がコレなのではないでしょうか。入学と同時に強制加入、一度委員を請け負えばいいと思いきや児童数が少なくなってきているので二巡目が回ってくるという不幸。委員ならまだしも、PTA本部役員の依頼まで電話でかかってくる始末。

しかし、純粋なボランティアとしての活動に方針を変えたということではなく、新型コロナが蔓延したことで密を避けなければいけない、そのため無理して活動しないという奴らにとって苦渋の決断だったのでしょう。我が家も校外委員などという下らない委員に選出されていましたから、今年度委員を受け持つことになっていた家庭はガッツポーズしているはずです。ウォールマリア奪還より嬉しいニュースです。

過程はどうであれ結果的には「ボランティア」としての組織になりましたし、PTAが何も活動をしないというわけではないと思っています。何かしら行事で人手が必要になれば少しは手伝ってもいいのかなと気分が変わりました。そもそも強制が間違いなのに全員がPTA加入で嫌々やるような組織なら、参加できるときにお願いしますという態度の方が人は集まると思うんですけど?甘いかな・・・?やりたくない人が多いなら解散でもいいじゃん、と思ったりしますけど。

新型コロナによる良い影響もあるもんですね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする