時計を見たところで全て終わるまでは寝かせません。

6月27日土曜日の21時30分。Z会の6月分の教材及び提出物が終わっていませんでした。

学校が始まったこともあり時間の配分が上手くいかなかったことが原因なのですが、予定を立てずに行き当たりばったりで勉強しようとしたところに問題がありました。Z会の教材には必ずその月のカレンダーと学習シールが付いてきます。学校や習い事のスケジュールを加味しながら日々何をするか決めておくことによって予定より進んでいるのか、それとも遅れているのかが一目で分かるようになっています。

全然取り組んでいなかったわけではありませんが、リーナが解いた問題に関して全て解説をしているとどうしても時間がかかる。更に、今学習していることがこの先にどのような形で出てくるかを深く勉強するとまた時間がかかる。そしてリーナからの質問にも一つ一つ答えると時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

しかし時間が不足しているは甘え。遊ぶ時間があったわけですからやらないわけにはいきません。上述したように時刻は21時30分。ここから開始し、いつもなら22時20分~30分には終わるのですが、どうしてもその時間内に終わる量ではない。そしてリーナが時計を見る。時刻は22時10分。

拙者「時計を気にしなくても大丈夫だよ♡まだ今日は1時間50分もあるんだしね♡」

この言葉で寝ることを諦めたそうな。結局勉強が終わったのは23時20分。そこから学校での出来事の愚痴が始まり寝たのは日付が変わる手前。それでもその日に全て完結したんだからよく頑張ったと思います。愚痴が無ければもう少し早く寝られたんですから。

次の日の昼過ぎ。リーナが別室で勉強している時に妻から、

「昨日の夜、『まだ今日1時間50分もあるから大丈夫♡』という言葉で終わるまで絶対に寝させてもらえないなと確信したって言ってたよ。その一言で気持ちが切り替わって集中できたらしいけど、あなたが笑顔で優しく言ったときの恐ろしさが分かったって。」

別に怒ってたわけではないですけどね。やるからには楽しく、充実した時間を過ごさないと勿体ないと思っているわけで。適当に勉強するならやらない方がいいですし。

拙者も社会人としてそうですが、予定を立てその予定より早いペースで仕事をこなしておかないと突発的なことに対応できません。

「予定を立てたら体調を崩すことや遊ぶことも考慮すること。その日10の事をやらないといけないなら必ず11やるようにしなさい。そうすれば1日1ずつ余裕が生まれて何かが起きた時に対処できるから。」

なかなか大人になっても難しいことなんですけど、勉強だけでなく日頃の生活の仕方もきっちり学んでほしいということで今回はかなり厳し目に接しました。鉄は熱いうちに叩かないでどうするのって話です。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする