次女の成長した部分

我が家の小さな巨人イオナ、いろいろなものに興味を持っているので何でもかんでも手に取ります。それは大人から見て危険なものであってもお構いなし。ですので触って欲しくないものは手の届かないところに置いておかないといけません。

しかしイオナは知っています。テレビやスマホの位置からお菓子、お気に入りのキュレルのボトルが置いてある場所まで把握済み。「オラ、リモコンで遊ばせろや!」とブルーレイプレイヤーのリモコンを背伸びして取ろうとするのです。自分の欲望のままに、欲しい物があれば取ろうとするし、取れないとイライラしています。そんな1歳8か月。

しかし、最近になって言葉を発していないからイタズラしていると思っていたことが、そうではないということもあるのだと妻が気付いたのです。

それは就寝前。拙者とリーナは2階、妻とイオナは1階で寝ているのですが、全員がお風呂に入った後は1階のリビングに集まりテレビを見ているのです。部屋の電気は常夜灯にして薄暗くしているのでリーナは眠いしイオナも眠気からゴロゴロし始める時間帯、これが大体21時過ぎ。

ここからのイオナの行動に驚かされるのですが、自分が眠くなってくるとテレビのリモコンを取るように要求。「明るいからテレビ消して!」のサインをしてくるようになりました。そしてテレビを消すと・・・。

まず拙者の手を掴んで階段まで連れて行きます。そして階段の一段目に上らないと怒るので仕方なく従います。次にリーナのところに戻り手を掴んで階段まで連れてきて階段を上るように指示。拙者もリーナも階段に上ると手を振って「バーイ!(バイバイの意)」と言い最後の挨拶。そして布団に走っていきゴロゴロと寝る準備に入ります。ちなみに2階に上がらずリビングに戻るとすごい勢いで近づいてきて手を握り階段まで連行されます。

今までは欲望のままに「触らせろ!」「見せろ!」という態度が多かったのですが、意味のある行動をするようになって少し人間っぽく感じるようになりました。会話が成立するようになったら楽しくなるのか、はたまた面倒臭さに拍車がかかるのか・・・。どうなるんでしょ?

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする