担任、怒りの授業放棄

リーナの担任、現在進行形で授業放棄をしております。

今日のネタには前段階の話があり、1~2カ月前に学力の低い子数名が授業中に寝ていてその時担任は「眠いんだろうから寝かせておいていいよ。」と発言。拙者の感覚では授業中に寝るというのは言語道断。拙者の時代に小学生が授業中に寝るなんてあり得ませんでしたが、この言葉を聞けば、”眠たかったら寝ていいんだな。” と思われても仕方ありません。


そして9月28日月曜日に事件は起きます。

今回居眠りしていたのは勉強がある程度できる子二人。社会の授業の時に突っ伏して終了まで熟睡。先生が声をかけるもなかなか起きず、三度目に怒鳴られて目が覚める。そして担任がキレる。

クラスの子たちは ”好きな時に寝て構わない” という感覚だったはず。それを一度許したのは担任なのですから。なのに今回はキレる。子どもたちが混乱するのは当然です。

担任「社会の授業をやるために下調べして頑張ってるのに。だったら寝てた二人に明日から授業をしてもらうから。どんなカリキュラムでやるか考えてきて。」

と言い残し帰りの会終了。その後居眠り二人は先生に謝りに行くも受け入れてもらえず。

そして火曜日、水曜日と子どもたちだけで授業を行った訳ですが、

リーナ「子どもだけで授業ができるわけないじゃん。結局全ての時間が自習みたいな感じで勉強という勉強をしなかった。先生は常にパソコンいじってるだけで、体育館での体育も前の方で座ってパソコンしてた。その寝ていた二人が教師役だけど、何かあるごとに先生からメモを渡されて解説したり、間違った伝え方をすると『ちゃんと伝えてくれない?』と低い声で睨みつけてたし。『木曜日も授業やってな。』って言ってたから明日も多分授業にならないと思う。休みたい。」

あらら~って感じです。気持ちは分かりますけどね。担任の好きな教科が算数と理科らしいのですが、社会は少し苦手。でも子どもたちのためにいろいろ調べて面白く授業を受けてもらおうと努力していたのに、ということなのでしょう。娘も先生の話が面白く社会が好きになったぐらいです。

どっちもどっちなんですけど、大人の気持ちとしては塾に通って疲れて授業中に寝られたら気分は良くないです。拙者なら『寝ていいと言ったのはコロナの影響があったから。だけど学校が始まってかなり時間が経ったんだからこれからは居眠りするな。』という前振りをして、それでも尚、寝るようなことがあれば何も言わずに授業態度が悪いということで成績を下げます。更に受験をする二人なので内申書をボロボロにしてやります。

ただ、他の子たちはとばっちりで授業を受けられていませんので、明日の娘の報告次第で拙者は動こうかと思っています。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする