発達の遅れ

あと数日でイオナは1歳10ヶ月。ようやく朝起きると「オハヨ」、拙者が帰宅すると「オカエリ」らしき言葉を発するようになりました。しかしそれ以外は何も話さず。

生まれてくるときから家族全員が大変な思いをして、生まれてきてから現在までも手がかかる。やって欲しくないことを率先してやるくせに、やって欲しいことはあまりしない。

唯一食事はなにも文句を言わず口に運ばれていたものを食べていたのに、最近では好き嫌いが激しく食べたくないものを吐き出す始末。良いところがこれだけしかなかったのに、食事に手がかかるようになってから良いところが一つもないように思える。

拙者も妻も45歳になってリーナが来年から中学生で、本当ならもっと楽になっていたはずだし自分の時間を持てると思っていたのに。時間も金も全て自由にならない、しかも四捨五入で50歳になろうかという時にこんなことになるなんて。

某有名女優さんが自殺しましたけどね、拙者にはそこまでの勇気も根性もないのですよ。別に誰かに迷惑をかけるとか、残された者のことなんてことはどうでもいい。どうせ死ねばそんなことを考えなくていいから。痛くて苦しいのが嫌だし怖いからできないだけ。

あとは家に変えればリーナがいるから死んじゃいかんかなと。本当に拙者の希望。あまりプレッシャーはかけたくないけれど、リーナがいなければ即逃げていると思う。拙者の負け人生をリーナに取り返してもらいたいと思っている。

もし仮にイオナに障害があって一人で生きていくことができないのなら、そう考えた時に親がケジメをつけるしかないかなと。どう考えても妻と拙者は先に死に誰が面倒を見るのか。それを長女リーナに押し付けるのは親としてどうなのか。覚悟を決めないといけない時が来るのかなと思ったり。

自分一人で生きてたら本当に楽なんじゃないかと思うことが増えた。かなりダルイ。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする