学習習熟度について一つの結論が出る?

 どこから話したらいいのか難しいのですが「生まれ持った才能」「周囲の環境」「努力した時間」と諸々について私なりの意見を書きます。(かなりダラダラ書きます。)

 生まれ持った才能、遺伝です。自分でどうにかすることができません。ですけど凄く重要だと思います。馬の世界では血統が重んじられるのに人間の世界で血統が大切ではないなんてことはありません。

 三冠馬ナリタブライアンと同じ母親から産まれたビワハヤヒデ。父親は違えどどちらも良血で競馬ファンなら誰でも知っているような名馬。しかし、ナリタブライアンと血統が同じであるにもかかわらず良い成績を収められなかったビワタケヒデという競走馬がいました。拙者は応援していたのですがねぇ・・・。

 人間もそうですが、同じ父母から同じ子どもは生まれません。でもやはり身長、見た目が遺伝しているのですから賢さだって遺伝しないはずがありません。

 次に周囲の環境。これは非常に大切ですし子どもの事を考えれば親が変えていける要素です。

 まず拙者の周りの親とその子どもを見て感じることは、ママ友同士で無駄な時間を過ごしている親は子どもがダメになる確率が高い(拙者経験上)。幼稚園のバス停、保育園の送り迎えにおいて何故子どもを置いて立ち話をするのか。娘リーナの事を例に挙げると、同じ小学校に通っている近所の子は全て同じ幼稚園、そして娘だけ別の幼稚園。妻が送り迎えをする際、バス停が近くだったため話をすることもあったらしいのですが、時間の無駄そのものだったとか。「パニック障害で辛かったから私は参加していないが、あの人たちは毎日よく話すことがあると思う。幼稚園から帰ってきてお腹空かせてるのに母親が立ち話をしいてるから子どもが草食べてたしwww。近所だからと言ってコレと付き合ったら終わると感じた。」と妻。

 次に同調圧力に屈する家庭。前述した幼稚園軍団ですが、ある家庭が犬を飼えば他も飼い、誰かが塾に通えば同じく通いだし、奥様がパートに出たと思ったら他の方もパートに行きだすという謎ムーブ。我が家は貧しいので犬なんて飼えませんし塾にも行かせてあげられません。しかもみんな普通車に乗っており、我が家はタントに12年乗り続けていることを考えると世の中金持ちが多いなと思わされます。

 ママ友との時間、犬を飼う手間、パートで働くことは大切かもしれませんが、それを我が家は全て子どもに投入しています。時間は有限ですから子どもと向き合う時間は多い方がいいと思うのです。子どもの躾もまともにできない人間が犬を飼うから拙者は噛みつかれそうになるんですよ、ホント死ねばいいのに。また、受験を考えず学校の授業中心の勉強であれば家庭学習で十分。塾への行き帰りの時間に30分も40分も使うぐらいなら遊んだほうがマシ。ただし受験を考えているなら塾は必須です。

 最後に努力した時間について。努力という言葉を拙者も良く使います。このブログにおいても何度も登場している言葉ですが、努力した先に約束された未来があるのか、絶対に何か成し得るのかと言われれば違います。頑張った先に絶望しかない場合だって存在します。しかしどんなに才能を持った人でも努力なしで成功した方はいないでしょう。

 娘についてはこの父親ですから才能皆無、環境と努力でどうにかカバーしてきました。それも小学1年生からかなり厳しく、時には泣きながら勉強させていました。ちなみに虐待じゃないですよ。バカになって欲しくないという愛です。なんでもかんでも虐待と一括りにするゆとりちゃんが存在しますが、やるときはやらないといけないのです。血反吐を吐いたらさすがにマズイかなと思いますけど。

 努力をして結果が出るとプライドが芽生えてきます。”学校のテストはできて当たり前。ここで満点取れなければこの先は落ちるだけ。”と娘は言いますが、それは拙者の教え。小学6年生の今となっては何も言わずとも学校のテストで点を落とすなんてことはありません。当然周りからのプレッシャーはあるようで、常に何点か聞かれるようになったということです。しかし公立の学校は最低限の勉強しか教えてくれません。予習復習をそれなりにやっていれば問題が無いものばかり。そういう意味ではやはり私立が充実していていいのかもしれません。

 そしてここからは受験するにあたっての話。1年365日ありますが勉強においては1年300日だと思って進めるのがベスト。そうすることで小学5年生の始めには6年生の単元がほぼ終わっていることになり、受験対策のために1年丸々使う事ができます。拙者宅はペースで言うと1年340日程度のペースで進めてしまったが故、10月ごろにようやく6年生の勉強が終わりました。これでは受験のスタートラインにつくことは難しいです。

 なかなか先を見据えて行動するのは難しい、特に小学1年生の時から中学受験を意識していないと凡人には厳しいと思います。我が家の失敗が皆様の糧になれば幸いです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする