受験前日

 1月31日日曜日23時。受験勉強は取り敢えず終了ということにしました。購入したすべての教材は終了することができなかったものの、Z会適性検査と作文なども毎月行っていたため少しは力はついたと実感しています。

 今後の学校生活や社会人生活を送る上で必ず試験が行われます。中学高校に行けば中間・期末試験、大学に行っても提出物満載ですし就職試験も待っています。就職したら昇進試験もありますので常に自分と戦わないといけません。そういう意味でも ”試験を受けるとはどういうことか、どれだけ大変なのか” ということを分かってもらえればと思います。 拙者自身も数年後、出来レース昇進試験を受けると思います。結構憂鬱です。

 勉強に関しましては体調が悪くとも毎日行っておりました。受験を意識する前は就寝前の1時間から1時間半、受験を決めてからは平日は帰宅後1時間就寝前1時間程度、休日は午前2時間午後3時間就寝前1時間程度を学習の時間にあてていました。しかし進学塾に通っている子は休みの時はお弁当を持って丸一日勉強漬けだと聞かされ、「拙者の教え方で、しかも時間が短いから合格は難しいな。」と現実を思い知らされました。

 心が折れ、砕け、数日修復しない日もありました。妻は「あなたが真面目に考えているから自分のことのように受け止めて挫折してみたり喜んだりしているのでは?」と冷静に分析してくれていましたっけ。負け戦なのは重々承知、ですが妻は論文、拙者は論文と理論を時間の限り教えることができたと思います。そして娘も良く頑張って勉強に励みました。

 拙者の好きな芸能人はティモンディー高岸氏とアニマル浜口氏。どちらもクドイ芸風ですが、「やればできる!」「気合いだー!」って背中を押される気分になります。明日の試験は彼らのように気持ちよく(?)娘を会場まで連れて行きます。

 合格祝いは10万円と約束していますが本人はいらないと言っています。こうなったら合格したら拙者はバイク買います!楽しいことないとやってられんわ!

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする