連体修飾語と連用修飾語について

娘がちょっと躓いたところをメモ。

連体修飾語と連用修飾語について。

連体修飾語・・・”連体”と言っているぐらいだから体言を修飾する言葉。

連用修飾語・・・”連用”ということは用言を修飾する言葉。

拙者などは何かにこじつけないと覚えられないので、変だと思っても突っ込まないでいただきたい。

連体→体→訓読みは”からだ”→からだは名詞→だから名詞を修飾する。なので体言というのは名詞のこと。

連用→用→訓読みは”もちいる”→もちいるは動詞→だから動詞を修飾する→動詞と言えば形容動詞も動詞という文字が入っている→形容動詞には形容という文字が入っているから形容詞も修飾する→だから動詞、形容動詞、形容詞を修飾する。なので用言とは動詞、形容動詞、形容詞のこと。

と覚えました。実は娘に聞かれるまでそんなこと記憶の片隅にも無く、もしかしたら30年以上前には勉強してなかったのかと思いきや

妻「あんたが国語嫌いで勉強してなかっただけでしょ。」

と突っ込み。でも覚え直したんだからいいじゃん、と。同じような言葉で混乱してしまう子も多いと思いますが、このような覚え方はいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする