打つ気ゼロだったワクチン接種後の副作用

こんにちは、ウイリーです。

昨日新型コロナワクチンを接種してきました。本当は打ちたくなかったんですよ。治験中のワクチンだし、筋トレできなくなるし酒も飲めなくなる。でもワクチン警察が五月蠅いので黙らせるためにということで接種。接種前の状況は割愛。

接種後について。

16時接種、アレルギーや喘息持ちのため30分会場で待期。異常なし。普通に徒歩で行き帰りできる。久しぶりに日ごろ使わない道を使うといろいろな発見があって面白かった。

その日の夜、頭痛と眠気に襲われる。あと接種した側の左肩関節と首が痛みだす。就寝は22時過ぎ。ルドルフの育成をしていたけれどそれどころではないほどの眠気。

次の日の6時30分起床。ダルイ、とにかくダルイ。体温は36.2℃で異常なしだが、妻のパニック障害の薬を遊びで飲んだ時の様なダルさ。気分は落ちてるしまぶたが重い。妻は休むことを勧めてくるが上司不在のため拙者が行かないことにはどうしようもない。気合で用意する。

通勤は自転車。ゆっくり行こうと思うが、前を走っている自転車を見ると抜きたくなる、そして車道の車に迷惑をかけないためにほぼ同じ速度で走ろうとして疲れる。職場に着くと胸が痛い。無理してはいけないと悟る。

10時30分、仕事にならないので休憩を貰う。幸いにしてワクチンの副作用は休みカウントにならないのでラッキー。どうせ休憩貰ったなら試しに懸垂でもしてみるかという謎思考に駆られる。拙者の職場の人たちは半数以上が「腕が上がらなくなる」「肩の可動域が狭くなった」と言っていたから自分の体がどうなったのか試さずにはいられない。拙者の状況としては患部を触れば打ち身のような痛みは感じるが腕が上がらないということは一切ない。そして・・・。

結果:普段通りできる。でもワクチン接種した次の日は懸垂すべきではない。
いつも通り15回程度は連続でできる。しかしその数時間後痛みが増すという結果になった。当たり前のことだけど安静にしておくことが一番。そして身をもって知ることが一番。

12時30分から30分ほど昼寝をしたのですが倦怠感がかなり減った。安静に時間を稼ぐことが普通に戻る一番の近道でした。

肩の痛みより倦怠感が強く出た一回目のワクチン接種ですが、二回目をうったらどうなるのだろうか。二回目の方が強く副作用が出るはずなので、これよりひどい状況だと次の日は休まないといけなくなりそうです。

追記

2、3日目は倦怠感がひどく出たのですが仕事には行き、4日目あたりから楽になり普通の生活に近づく事ができました。本当に辛かったので二回目の接種は仕事を休むことになりそうです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする