幼稚園時代

娘が幼稚園に上がり数カ月した頃、妻がパニック障害を患い生活が一変しました。拙者は転職し職場が近くなりほぼ定時で帰ることができる状況だったのでいろいろ出来ましたが、この時期一番サポートしてくれたのが義父でした。本当に感謝。そんなことがありつつも娘を育てないといけないですから思考錯誤しました。

そしてこの時期は「小学校に上がる準備」です。3年もあるから余裕なんて思ってるとあっと言う間に時間が過ぎていきますので少しずつでもいいですから

・ひらがな(読み書き)

・簡単な漢字(読み)

・一桁同士の足し算引き算

ぐらいを小学校前に理解しておくと楽かもしれません。

教材は「これだ!」というものはありません。

妻は本をリサイクルショップや図書館で調達して文字を見せながら本を読み聞かせていました。敢えて高い物を買わなくても十分です。拙者の記憶では、

このシリーズを読ませていましたが、くれぐれも↑をクリックして買わないように。リサイクルショップに行けば100円コーナーにいくらでも売ってます。好きな物語だけ買って何度も読み聞かせてあげればいいと思います。あとは好きなキャラクターものの本を買うと喜び、歴代プリキュアの絵本を過去作も含めかなりの数持っていました。

↑このシリーズも大体半額、状態次第では100円です。

数字的な部分に関しては、最低限数字は覚えないといけませんが、日常にあることから問いかけるようにしていました。近所の奥様は手作りの100マス計算をさせていたらしく、計算は抜群に早かったそうです。エクセルで簡単に作れるのでいいと思います。

将棋の藤井氏がやっていたというモンテッソーリの教材らしい。まぁあまり必要だとは思いませんが興味のある方はどうぞ。

知育に役立つか分かりませんがパズルもやらせてました。

女の子なのでプリキュアシリーズをいくつか持っていたのですがちょっと問題。娘が5歳の時に気付いたのですが、ピースの切り方が数パターンしか無い様で違う絵柄の物を買ったのにピースの切り方が同じでして・・・絵柄もさることながらピース数の違うものを選んだ方がいいと実感しました。

小学校に上がる前の勉強なんてお金をかけなくたって工夫次第でいくらでも教えられます。お金をかけるなとは言いませんが「一緒に楽しく学ぶ」が我が家のコンセプトです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする