算数の部屋

 色々な教科について書きたいのですが、拙者が娘に教えているのは算数と理科。国語も教えますし社会も一緒に勉強しますが、妻の担当ということで簡単にしか書きません。国語、社会、理科については覚えることや資料を見て答えるものが多いので気が付いたときに勉強法を記載します。

 小学校の中で一番厄介な、そして一番面白い教科が算数ではないかと思っています。1年生でつまづくと2年生になって早々に終了、2年生でつまづくと3年生でご臨終、というように一箇所でも理解できなくて先に進んでしまうと、どこかでその影響が出てしまいます。その点、国語や社会は算数ほど影響がありませんけど積み重ねは重要。勉強は日々努力した者が勝ちます。

 教科書を見ると単元ごとに書かれているのですが、前に習ったことを生かすという考え方までは書かれていません。また、今勉強していることがこの先のどの単元で関係してくるかも書かれていません。その辺について、どの単元とどの単元が関連していてどのように教えているのか、拙者なりの考え方を交えて書かせていただければと思います。

---追記---

 これはあくまで公立小学校の授業についていくための内容ですので、受験を考えている方は絶対に参考にしないでください。受験は甘くないというのが実感です。中学受験を考えている方は塾に通わせた方がいいと思います。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする