足し算とは?

足し算について。

1年生の最初の足し算は、X+Y=一桁を勉強し、次にX+Y=二桁を学習します。

まずX+Y=一桁から説明。

慣れろ。分からなきゃ分かるまで問題解く。

暴論のようですがこれしかありません。分かるようになるまで物を使ってもいいと思いますが、まず自分の手を使って数えてみてはどうでしょうか。学校から出された宿題やテストであっても自分の手指は使えます。テストの時に指を持ち込んではいけないなんて聞いたことが無いですから。使えるものはすべて使うが鉄則。

2+4という問題があれば左手の指2本、右手の指4本を使って答えを出すことができます。もし7+2であれば左右の指で7を作っておき、1、2と2本の指を追加すればいいのです。

次にX+Y=二桁の計算。

拙者の妻は文系が故、覚えるという能力に長けていまして、「一桁同士の足し算?覚えれば?」と言っていました。覚えなくていいことは覚えないという拙者の理念からは大きく掛け離れた感覚を持っています。が、基本は、

慣れろ。分からなきゃ分かるまで問題解け。

妻と言っていることがあまり変わりませんが少し違います。

妻「覚える、とにかく覚える、数字を見たら答えが出るぐらいまで覚える。」
拙者「覚える必要は無いけど問題を解いているうちに覚えてしまうだけ。」

結果は変わりませんが無理して覚えるまでもないというのが拙者の見解。ですので慣れるまではどうやって解いたらいいのかという解説を。教科書に書いてある解き方ですので特別なことは何も書きません。

まず数字は分解できるんだということを理解する。5であれば1と4、2と3に分けられます。7であれば1と6、2と5、3と4に分解できます。敢えて0で分けることはしません。そしてこの感覚は今後も重要で、掛け算の時には32であれば4×8などいろいろな数字に分けられることに気が付くと計算が簡単になったりします。

そして10を作ることを意識すること。1+9、2+8・・・と10になる組み合わせが何かを考えながら解く。

例えば7+6という計算。

足される数の7と足す数の6。どちらかを分解して10を作ってみる。そして余った数を足すという作業で答えが求められる。

7をそのままにして6を分解する場合。7に何を足したら10になるかを考えながら6を分けてみる。7に3を足せば10になるので6を3と何かに分けなければいけない。すると6を3と3に分ければいいと気づく。7+3で10が出来上がり、更に3が余っているので10と3を足す。なので答えは13になる。もし6をそのままに7を分解する場合も考え方は一緒。

更に拙者がもう一つ推す方法。多分引き算の時にも言いますし、この先何度も同じことを言います。

理解に苦しんだり分からなかったら数直線を使う。

指の本数だけでは足りない計算なんて当たり前。考え方を図にしてみると理解が早まります。親が子どもに教える場合にも数直線は有用、子どもが学校でテストを受ける時も端の方に書くと解きやすくなります。6+7でもフリーハンドで20までの数直線を書けば頭で考えなくても感覚的に解答できます。計算なんて答えが出せればどんな方法でもOK。まずは自分で答えが導き出せて間違っていないというのが自信につながります。

小学校で一番最初の数式。頑張って乗り越えましょう。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする