【悲報】エアコンが良くも悪くも壊れる

我が家の1階リビングに設置されているエアコンなのですが、7月31日に冷風が出なくなり、その夜に緊急的にガス充填、しかし送風しかできず。

8月1日は地獄。何度か電源を入れてみるも送風にしかならず生暖かい風が吹くのみ。エアコンを早急に購入しないといけないのでコジマ電機に行くと8月4日に1件だけ工事ができるということで即決。3日やり過ごさないといけないので扇風機も購入。約20万円の出費は痛いがやむを得ない。その日一日長女は自室に、妻と次女は寝室に避難してやり過ごす。拙者が使っていた寝室が妻と次女の部屋となったことから一時的にリビングが拙者の部屋となり、パンツ一丁扇風機2台体制で畳の上で就寝。寝苦しさは無くむしろ扇風機の風邪で体が冷えて次の日、別の地獄を見ることになる。

8月2日の別の地獄、それは下痢。風に当たり過ぎたせいか職場でも家でもトイレが私の部屋状態。職場では5~6回、自宅でも4~5回ほどトイレに駆け込む。肛門がヒリヒリしてしまいウォシュレットの水ですら痛い。

しかし奇跡が起きる。

仕事から家に帰るとリビングが涼しい。涼しいというより寒い。何が起きたのか妻に聞くと、

「電源を入れてみたら冷風が普通に出てきたの。でも設定温度17℃でつけてしまったので温度を上げたりして止まるのも嫌だし、電源をオフにしたら二度と復活しないかもしれないから新しいエアコンが設置されるまでこのままにするしかないかなって。」

とのこと。一応家全体で使用している電力が0.7kw安定で通常より高めですがそれほどではないのでOKOK!結局1日中冷房をガンガンに入れながら窓を開けて温風を入れて調節するという意味不明な行動をすることになりましたし、床があまりにも冷えすぎて床暖を入れるという謎行動をしないといけないことにもなりました。

ちなみに部屋の温度は15℃。それなのに冷風を吹き出し続ける我が家のエアコン。壊れているとはいえ少し加減して欲しいものです。まったく動かなくなってみたり動いたと思ったら全力運転だったり・・・。それでも熱中症になるよりはマシでしたけど。

皆さん、エアコンは10年経つ前に壊れてなくても買い替えましょう!

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする